走行中の操作

走行中のカーナビは違法なのか

今では車に欠かせない装備の一つとなったのがカーナビです。
目的地を入力するだけでそこへ行くためのルートを最短距離、値段など様々な観点から提示してくれるのです。
純正とそうでなものがあって、純正の場合は走行中に操作ができません。
これは走行中に操作をするとそちらに気をとられて前方不注意となり事故の要因となる可能性が高いからです。
しかし純正ではないものは走行中でも操作が可能で、テレビも見られます。
これは違法ではないのでしょうか。
実はシートベルトなどとは違って違法とまではいかないのです。
仮にカーナビを注視したことで事故が引き起こされた場合は、前方不注意となりますがカーナビ自体が違法ではない、つまりいわゆるグレーゾーンなのです。
出発前に入力をするのが本来の使い方であって、運転中に何か変更が合った場合仮に助手席に誰かいるならその方に入力をお願いすべきなのです。
目的地にスムーズに導いてくれる便利なツールですが、一歩間違うと事故を引き起こす要因ともなりかねないことを理解して使用することです。

カーナビを走行中に操作させる方法

カーナビを使用し走行中に行き先を調べたり、変更したりする必要があった時、通常の純正ナビの場合、一度車を停車させてから操作しなければできません。
これは走行中のナビ操作やテレビ、DVDなどを見ていては運転に充分集中することができず危険なためです。
社外品の後付けしたカーナビはちょっとした加工でナビ操作やテレビ、DVDの視聴が可能になります。
これは運転者は充分に運転に集中し、同乗者がナビ操作やテレビ、DVD視聴をするためのものであり運転者が操作するためのものではありません。
これと同様に純正のナビでも走行中のナビ操作とテレビ、DVDの視聴が可能になる製品が各社から販売されています。
この製品はナビの裏側にある配線に分配させスイッチがオンの状態のときはナビ操作とテレビ、DVD視聴が可能になりますが、多くの純正ナビでスイッチがオンの状態でナビを使用した場合、地図上の自社位置が狂ったり、停車したままになりますので操作後はスイッチをオフにして使用する必要があります。
正しい使い方をして楽しいカーライフを送りましょう。

check

最終更新日:2018/1/18